お口と健康
2018.10.03

虫歯の放置は危険。治せるうちに対処を!


虫歯とはどんな状態のこと?


まず、虫歯とは、どのような状態のことをいうのでしょうか。
虫歯とは歯に付着した細菌が産生する酸により、プラ-ク内部の酸性度が長時間に渡って歯の質の臨界pH(水溶液の水素イオン濃度の量)を超え、エナメル質の脱灰と再石灰化の平衡バランスが崩れて、脱灰が進む疾患です。そして虫歯には、5段階の進行度による分類があります。

虫歯の進行の段階と特徴を知っておこう!


虫歯はその進行の段階によって、「CO」「C1」「C2」「C3」「C4」の5段階に分かれます。
少し専門的ですが、確認しておきましょう。



要観察の第1段階「CO」

虫歯になる前である要観察歯のことを指します。咬む面にあるくぼみ(裂溝)に褐色や黒色といった着色、あるいは平滑面の白濁や褐色斑が見られるものの、エナメル質の軟化や実質欠損が見られない状態です。

エナメル質のみの第2段階「C1」

エナメル質に限局した虫歯。

エナメル質から進行した第3段階「C2」

エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。

神経まで達する第4段階「C3」

歯の神経(歯髄)に達した虫歯。C2が進行して歯髄に近接または達するほどの大きな虫歯(仮性露髄)の状態になるか、歯の神経である歯髄が入っている歯髄腔に達した状態です。

歯肉から上が崩壊した第5段階「C4」

歯肉から出ている部分である歯冠部が崩壊し、残根状態になった虫歯です。


治療して治せる段階はどこまで?


歯科医院では定期検診の受診を推奨していますが、その理由は病気の早期発見ができるから。COは前述した通り、要観察歯である初期虫歯です。初期虫歯の段階で発見できれば、生活習慣の改善や歯科指導を受け、削らずに済む段階で虫歯の進行を止められるでしょう。生活習慣の改善による虫歯の進行コントロールで、大きくメリットのある段階はCOです。しかしC1まで進行すると、歯の外形が少し崩れてしまいます。

初期虫歯の段階であれば、まず歯科医院で定期的なメインテナンスを受けましょう。フッ素の入った歯磨き剤でブラッシングするセルフケア、そして虫歯の大きな原因である糖の摂取コントロールによって、少しずつ密なエナメル質を取り戻せます。生活習慣を見直し、歯を守ってあげてください。

エナメル質に限局したC1は、エナメル質が崩れ始めている虫歯です。崩れてしまった箇所は戻ってきませんが、この段階でも早期発見によって改善できることはあります。

C1は初期虫歯と同様、定期的なメインテナンスやフッ素を使ったブラッシング、糖のコントロールなど生活習慣を改善することで、削らずに経過観察する方法が取られることがあるでしょう。この段階であれば、管理次第で虫歯の進行を止められると言われているのです。

虫歯は本来、急性の病気ではありません。生活習慣が原因にとなって少しずつ進行しますので、定期的な受診が早期発見の鍵となるでしょう。CO~C1であれば削って詰めるような処置をせずに済むため、定期検診を受診することを推奨します。
OralFirst
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

歯みがき

お口ケア

お口と健康

お口と美

NEWS